投稿

Gマークブログ#51「伝統芸能×刀剣」

イメージ
皆さん、こんにちは!
梅雨今年は長いですね。夏が大好き、入道雲が大好きなので、
1日もはやく、夏を感じたい日々です。

さて、今回は今まで、伝統芸能に触れる機会がなかった方に、
より身近に感じていただければと思い、このブログを書いております!

伝統芸能をより身近に
第一回 「伝統芸能×刀剣」 

先日、お能の「土蜘蛛」 という作品を担当したのですが、
台本を確認中に目に留まったのは、「膝丸」 という二文字・・・

今や大人気ゲーム 「刀剣乱舞」 。
刀剣男士にも 「膝丸」 という一振りが、源氏刀として描かれております。

土蜘蛛の台本の中には、「今日から膝丸を蜘蛛切と名付けた」 と書かれており、
刀剣乱舞の世界でも、もちろん膝丸は名前がいくつも変わった刀として紹介されております。

また、歌舞伎や文楽を観劇すると、いつかは出会う家紋があります。
それは、「笹竜胆」 と 「揚羽蝶」。













この二つの家紋は、源氏の紋 「笹竜胆」、平家の紋 「揚羽蝶」 として
舞台で大道具や小道具で見る事があります。
伝統芸能では、源氏VS平家 を題材にしたお芝居が多くあるんですよね。

さて、お待たせしました!
刀剣乱舞ご贔屓の皆さん、よく見てください。あなたは、「笹竜胆」 を見た事があるはずです!

初めて、この刀剣男士を見たときに、ディテールの細かさにびっくり!
ついつい解説しどころを探すのは、イヤホンガイダーの宿命でしょうかね…
源氏刀、衣裳に注目ですよ! どうぞ、あなたの刀剣男士でご確認くださいませ。

伝統芸能に詳しい方は、ぜひ、源氏刀縁の刀剣男士を探してみてくださいね。

このように、実はあなたの"好き”の延長線に伝統芸能が!
難しいなんて思わずに、ぜひ、伝統芸能に触れてみてください。
現在は、動画配信で 「お家で歌舞伎る」 ことも出来ますよ!

もちろん、劇場にいらしたら、
歌舞伎・文楽のご案内は、音声ガイド・イヤホンガイドにお任せあれ 😊 !
もちろん、字幕もお忘れなく~。

8月歌舞伎座は、イヤホンガイド&字幕ガイドはお休みですが、
現在、皆様に安全に楽しんでいただけるよう、準備中です!!!

それでは、また、ブログで会いましょう!


Gマークブログ#50「字幕、再始動!!」

イメージ
こんにちは。JKです。
今回は、記念すべき50回目のブログ更新ということで、第1回も担当しましたJKが景気の良い話をしたいと思います!!!!

新型コロナウィルスの影響で、舞台業界は公演の中止を余儀なくされ、
3月以降、G-marcもその影響を受けてきましたが、とうとう再始動しました!!

東京・千駄ヶ谷にある国立能楽堂では、2006年に日本国内の劇場で初めて座席設置型字幕モニタを導入しました。そのシステムの設計・取付・運用をG-marcが担当してきました。
オリンピックなどを考え、今後増えることが予想された外国のお客様やバリアフリーが必要なお客様により観劇を楽しんでいただくため、今年の2月に座席字幕システムをフルリニューアルしていました!!!
もちろん設計等はG-marcが引き続き担当しております!
ですが、コロナの影響でなかなか日の目を見ることが出来ず…

ですが、その国立能楽堂が、とうとう7月8日に公演再開致しました!
久しぶりの公演再開でお客様も笑顔で、それにもまして劇場スタッフも熱が入ります。
もちろんNEW座席字幕システムもこれがデビュー戦でございます!!

皆様気になるのは、もちろんコロナ対策です。
座席数は通常の半分程度で

Gマークブログ#49「あなたのタブレットが字幕に???」

イメージ
皆さんこんにちは! さてさて、今までLEDの魅力について、毎週お伝えしてきました。 今回はちょっとテーマを変えまして… テーマ:「あなただけの字幕!」
Gマークでは、多言語字幕やバリアフリー字幕も大切なお仕事の一つ。 ささ、今回はパーソナル字幕をご紹介♪ 字幕もNo.1から、Only one の時代に突入でございます。

★多言語に対応OK ★バリアフリー字幕では、音声ガイド・イヤホンガイドのノウハウを活かし、  音の情報を文字化! ★舞台に合わせて一つ一つ心をこめて、オペレーターが送り出し!! ★あなたのタブレットが、字幕機に!?
Gマークは、 「みんなのLED字幕機から、あなだけの字幕へ」 まだまだ、進化は止まりません。
さて次回は、「字幕、再始動!!」お楽しみに★

Gマークブログ#48「画像から動画へ」

イメージ
ごぶさたしております。Gマークスタッフ唯一の関西人HST38です

さて、前回#45では弊社フルカラーLED表示機の底力ということで、字幕表示だけでなく、休憩中のアナウンスも画像を使って分かりやすく表示できることをご紹介しました。

今回はさらにもう一歩、LED表示機をなんと演出に取り入れてしまう使い方をご紹介します。

それがこれ。

暗闇に突如現れたUFO。(アダムスキー型だ)



UFOは怪しく点滅を繰り返しながら、銀河系へと消えてゆきます。

SF映画のワンシーンのようですが、実はこれ、人形浄瑠璃のオープニングなんです。
大阪は能勢町にある鹿角座さんのオリジナル演目、『閃光はなび』。
宇宙人が主人公という大変珍しく楽しい演目なんですが、弊社のLEDに興味を持ってくださった館長さんがオープニング演出に取り入れてくださいました。

照明が点くとこんな感じ↓です。舞台正面の上部に横吊りでLEDをセットしているんですね。




このUFOのフル動画は、GマークHPのLED紹介のページで公開しています


どうやってUFOが動いているように見せているのか種明かしをすると、原理は簡単。
皆さんも学習ノートの隅っこに書いたことがある、パラパラ漫画です。

UFOが色んな角度で飛んでいる画像を何個も準備します。
次第に遠ざかるように初めは大きく、次第に小さくなるように画像を並べると奥行が出ます。

宇宙空間で怪しく発光するように、現れるとき、消えるときにあえてゆっくりめの秒数を打ち込み、
蛍がふわふわ飛んでいるようなイメージで画像をひとつひとつ送り出してゆきます。
そうするとまるで動画のような効果が表れます。

この演目では三味線の前奏の間に映像のUFOが去って行かないと、本物の小道具のUFOが出てきてしまうので、表示秒数とタイミングにかなり神経を使いました。

初めてのことづくしでしたので相当緊張しましたが、結果、皆さんに喜んでいただき、弊社も演出の一部としてのLEDのご利用を、自信を持ってお勧めすることができるようになりました。

LEDを使った演出のご提案例として・・・
〇背景の大道具に切り込みを入れLEDをはめこむ。ネオンサインのような使い方もできます。
〇演芸ホールの『めくり』のような使い方。
〇LEDを短冊に見立て、舞台中央にセットし俳句バトル(笑)

長かった自粛期間で新たなアイデアがたくさ…

Gマークブログ#47「文字から画像へ」

イメージ
皆様こんにちは!
雨が続く憂鬱な日々ですが、いかがお過ごしでしょうか?

最近、朝の情報番組で
「雨が降る前と後だと空気の匂いが違う」という話を耳にしました。
皆さんどうでしょうか?
私は鈍感なので、結構な確率で雨に降られます…
今年は、匂いを嗅ぎ分けて、雨に降られないようにしなくては!

今日は「文字から映像へ」、フルカラーLEDの底力をお届けします!

以前、紹介した4タイプのLED覚えていらっしゃいますか?
『知らな~い!』というそこのあなた!
ぜひ、ブログ#45をぜひチェックしてくださいね😊

Gマークでは、2タイプのLED字幕機がフルカラーでございます。
文字に色?
ブログ#44と同じ内容?と思われましたよね!
LED字幕機が、表示するのは文字だけではないのです。

使う用途は、無限大!いろいろな用途でご利用いただけます。

例えば…劇場内のアナウンスを表示!



劇場内は、いろいろな音がしています。場内アナウンスが聞こえにくい事ありますよね。 LEDであれば、どの座席からも見やすいので、 見えない!という心配はありません。
次の公演の宣伝なども表示する事も出来ます!

そして、ついに表現力は「静止画から動画

今ここでお話したいのですが、それは、次回のお楽しみ😆
また、来週お会いしましょう!
GマークのLED字幕機は、時代のニーズに合わせて進化をしています。

どうぞ、進化したLED字幕機にご期待くださいね!

by 又平

Gマークブログ#46「文字の表現力」

イメージ
皆さん、こんにちは!
梅雨ですね…東京も今日から梅雨入りだそうです。
そうそう、皆様は紫陽花の色の違いの要因ご存じでしょうか。
土がアルカリ性か酸性かで、色が赤から青に変化します。不思議ですね~。

さて、本題にうつりましょう!
今日は、「文字の表現力 フォント」についてご紹介します。
フォントの表現力は、演者顔負けでございます。

例えば、何の変哲もない注意コメントが…




Gマークブログ#45「色の効果って凄い!!」

イメージ
久しぶり登場のJKです。

新型コロナウィルスの影響で、舞台業界は壊滅的な打撃を受けておりますが、
G-marcは、公演再開に向けて元気に準備中です!

さて、前回のブログでG-marcのLEDについてご紹介しましたが、今回は「色」をテーマにお話しをしたいと思います。
当社がLEDを開発してから30年以上が経ちますが、舞台字幕は写真のように「黒バックに白文字」が常識で、その流れは現在も変わらず続いています。

「白」は混じりっけのない色です。つまり、字幕は舞台演出の「外側」にあるものという立ち位置なんですね…