投稿

下見

イメージ
おはようございます、okです。
先日は字幕の下見に行って参りました。
今回はいつも行く劇場という訳ではなく、大学の講堂でした。

https://www.musashino-u.ac.jp/event/20181218-00000254.html

今回は日本のお客様にはイヤホンガイドの解説、英語圏のお客様には英語の字幕のつく狂言の公演になります。
事前申し込み制ではありますが、入場も無料となっています。
よろしければ、どうぞお越しくださいませ。

久しぶりに「大学」にお邪魔して、自分の学生時代を思い出したりしました。
夢も希望もある若者というのは眩しいものです。
自分にそんな時代があったかどうかは定かではございませんが!

・・・

ヨ・ロ・シ・ク



Gマークブログ#25 「11月文楽公演!」

イメージ
関西支社のKです。
芸術の秋ですね!

11月の関西、京都は南座の新開場、大阪は文楽公演があります。
G-marcは文楽公演に登場しますので、ぜひお越しください!


11月文楽公演についてはこちら

今回は、観劇と秋のお出かけの組み合わせがぴったりな演目が並びました。

第1部最初の演目
『蘆屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)』

は、有名な安倍晴明にまつわるお話です。
安倍晴明のお母さんが実は狐だったという伝説がもとになっています。

大阪には、安倍晴明ゆかりの場所がたくさんあるんです!

信太森葛葉稲荷神社
http://www.kuzunohainari.com/

JR阪和線北信太駅から徒歩5分ほど。大阪市から南へ、和泉市にあります。
文楽劇場からは少し遠いですが、今回上演の場面、安倍晴明のお母さんゆかりのものが残されています。

阿倍王子神社
http://abeouji.tonosama.jp/

阪堺上町線東天下茶屋駅から徒歩5分程度。
阪堺上町線は、天王寺駅乗り換えで「天王寺駅前」という駅が始発です。
文楽劇場からもあまり遠くありません。
かわいいヤタガラスのおみくじが引けます。

安倍晴明神社
http://abeouji.tonosama.jp/abeseimeijinja/

阪堺上町線東天下茶屋駅から徒歩5分程度。
阿倍王子神社の末社で、すぐ近くにあります。
安倍晴明像はこちらにあります!



第1部、後半の演目
『桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)』

は、その名のとおり京都の桂川が心中の舞台。
嵐山の近くで、秋は特にきれいな景色が楽しめます。


第2部
『鶊山姫捨松(ひばりやまひめすてのまつ)』

☆當麻寺
http://www.taimadera.org/

中将姫ゆかりの當麻寺は奈良県葛城市にあります。
近鉄大阪南線、当麻寺駅から徒歩15分。
近鉄大阪南線は、天王寺駅から出ています。
中将姫が一夜で織り上げたとされる曼荼羅は、曼荼羅堂に飾られています。
春はぼたんも綺麗です!



徳融寺
https://narashikanko.or.jp/spot/temple/tokuyuji/

奈良市にある徳融寺も、中将姫ゆかりのお寺。
こちらは、中将姫のお父さんである豊成卿の邸宅のあとに建てられたとされ、
豊成卿と中将姫を祀った石塔もあります。




第2部最後は
『女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)…

Gマークブログ#24 「出発準備完了」

イメージ
ご無沙汰しております。

もうじき新メンバーが加入し、ユニット名もHST39にジャンプアップするHST38の登場です。

今日は今月末から出発する巡業公演の準備に追われていました。
G-marcは5年前から3月と10月の年2回、文楽の地方公演にもお供しているのです。

本年度の演目はこちら!

昼の部は三大名作とも言われる 『義経千本桜』から「椎の木の段」と「すしやの段」、 夜の部は、引き続き『義経千本桜』から「道行初音旅」と、『新版歌祭文』から「野崎村の段」 いずれもビギナーの方にも十分楽しんでいただけるラインナップです。 劇中、太夫が語る江戸時代のことばで書かれた床本をタイミング良く下手(しもて、舞台左側)のLEDに表示するのがG-marcの本来の仕事なんですが、 文楽巡業ならではのお楽しみとして、開演前に太夫さんが舞台に登場して見どころを紹介する解説コーナーでもG-marcはお手伝いをしています。 それはいつからか恒例となった太夫さんとの掛け合い。 「G-marc、みなさんにご挨拶して~」とふられたら「〇〇県のみなさんはじめまして・・・」と会話しているように表示するのです。 G-marcのこういった使い方は珍しいので、初めはオペレートをする私もタイミングを逃すまいと舞台袖で緊張しっぱなしでしたが、最近では「こんな感じでやりたい」とアイデアを出してくださる太夫さんもいて、G-marcも巡業の一員としてかわいがっていただいています。 もし皆さんのお住まいの地域に文楽公演がやってくることがあれば一度足を運んでみてくださいね。
           『幕間後は特に電源の切り忘れをしやすいのでご注意くださ~い』                                                                                                                                HST38


Gマークブログ#23 「2nd ROUND in ロシア!!」

イメージ
立て続けに登場、JKです。
前回のブログで、現在ロシアに海外出張に来ているとお知らせしましたが、
舞台をモスクワからサンクトペテルブルクへ移して、公演は続きます。

さて、サンクトペテルブルクがどんなところかと言いますと、
モスクワが日本でいう所の東京なら、サンクトペテルブルクは京都のような所なんだそうです!!!
確かに、モスクワと比べて歴史を感じる建物が多く立ち並んでいて、「ザ・ヨーロッパ」って感じです!!!
モスクワから新幹線で4時間くらいの距離の所なので、時差もないんですが、
寒い!!!息が白い!!!
9月なのに、最低気温が一桁になったりしていて、もう冬の入口です!!
あと1週間、風邪をひかないように気を付けなくては…


写真は、ホテル前の大通りと劇場の前を流れるフォンタンカ川からのサンクトペテルブルクの街並み!!!
天気も晴れていて、とても美しい景色です!!!

今度は仕事じゃなくて、遊びに来たいと思える素敵な街です!!

@JK

Gマークブログ#22 「遥かロシア!!!」

イメージ
久しぶり登場、JKです。
なな、なんと現在海外出張でロシアはモスクワに来ています!!!
数年前に中国北京に行って以来の海外出張です!!!

何でも、今年は「日本におけるロシア年/ロシアにおける日本年」
なんだそうで、
その文化交流イベントの一つとして、9/9~9/15はモスクワ、9/19~9/22はサンクトペテルブルクで歌舞伎が上演されています。

当然ロシアの方がお客様な訳で、我らがGマークの出番ということです。
今回はイヤホンガイドではなく、字幕で歌舞伎の魅力をお届けしています!!

勝手にロシアの方はこわーいイメージでしたが、実際接してみるととても親切!!!
機材設置も色々手伝ってくれました。ホントにありがとう!!



写真は、ホテルの前のトベルスカヤ通り。
日本でいう所の、銀座通りのような通りだそうで、おしゃれなお店が並んでます。
銀座と一緒で歩行者天国なんかもあるみたいですよ!!!

Gマークブログ#21 「The Phantom of the Orb」

こんにちは。Fです。

基本、歌舞伎座にいることが多いFですが、先日別現場の仕込みのお手伝いに行って参りました。

渋谷のシアターオーブで行われている『ミュージカル オペラ座の怪人』です。

お客さんとしては、以前行ったことはあったのですが、仕事で行くのは初めての現場。
舞台では着々とオペラ座の道具が組まれていき、客席の頭上にはシャンデリア!
これには思わずおおっ!となりました。…本番を観ることができないのは残念ですが。

観に行く方は天井にもご注目を。

Gマークブログ#20 「旅」

イメージ
旅に出たいと思う今日この頃でございます。
こんにちは、又平です。

イヤホンガイドは、また旅の季節となりました。巡業公演の季節です。

文楽巡業、西コース など、全国津々浦々今年もいろいろな場所に、
字幕や音声ガイドでお供します。

どうぞ今年の秋は芸術の秋をご堪能くださいませ。

さて、こちらの写真、どこの写真がお分かりでしょうか?
知っていて当然でしょうか・・・

あまりにも美しくて、立ち止まりついパシャリ。
東京から旅に出る方、東京に遊びにくる方、ぜひ、天井を見上げてご覧下さいませ。